人材育成の最近の記事

「行動計画会議」というミーティング。

六心会では外部スーパーバイザーも参加する「行動計画会議」というミーティイングがある。この名称からは、どのような会議であるのか想像することは、難しいだろう。「行動」を「計画」するというシンプルな日本語に分解すると、言葉自体の意味は難しくはない。では、社会福祉法人という組織の中で、どのようなメンバーで、どのような目的に向かって、何を議論しているのだろうか?改めて書き留めてみた。

 

経営会議や、施設の運営会議とは異なるもの。定まった形がなく自由なのだけれども、大切な会議が「行動計画会議」である。

 

DSC00370s2.jpg

 

 参加メンバーは経営層である理事長から、施設長・課長などのメンバーを中心に、そのときのテーマに合わせて、自由自在に階層を越えたスタッフが参加する。また、外部からの視点も大切にすべく、リガーレのスーパーバイザーもご参加いただく。

 

何をするのか?

 

まずは、「アセスメントシート」の作成である。これは、今現在における法人・施設のおかれている状況や課題について、適切に把握するためのツールで、社会福祉法人グループリガーレの本部で開発されたもの。

法人・施設は、さまざまな要因が絡まり合った課題を抱えている。課題は何か、何を優先して対応すべきなのか、経営層でも課題と方向性は共有しにくい。そこでこのシートにより、状況や課題について、6項目に分けて言語化、整理し、それぞれの関係性も視覚化されていることとなる。

6項目は以下の通り。

1、研修・人材育成

2、情報共有(会議・記録)

3、組織性・組織機能

4、設備・環境

5、職員配置

6、暮らしの支援

 

シートはこちら。薄水色のところへ課題を記入、毎年見直し、進化させる。

assessheet.jpg

 

 

アセスメントシートは今年でバージョン5まで進化してきた。進めてきたこと、進められていないこと、今後の課題となること、今おかれている状況と位置について、俯瞰的に参加者全員で確認することが出来る。これは、「行動計画会議」の大切な役割のひとつだ。

 

次に、その時々で取り組むテーマは異なるが、法人内のどの会議にも当てはまらないが、大切なことについて話しあう場としての役割。

 

昨年は「キャリアデザインハンドブックS2版」を完成させた。キャリアをデザインするということは、「自分の将来に対して自己がリーダーシップを発揮する」ということ。その指針になるものを、「行動計画」が中心になり、多くのスタッフがかかわりながら、何度も作成委員会を開いて完成させた。

 

IMG_8849-(002)s2.jpgキャリアデザインハンドブックS2版

 

ちなみに「S2」とは、六心会の職郡別役割資格制度により定められた指導職2級の略称である。

役職的には副主任などであり、チームリーダーとして最初の役職。次の六心会を担って行くメンバーだ。

次世代の育成を法人が、上から押し付けるのではなく、S2メンバー自身の視点に立ち、自らのキャリアを主体的にデザインして行って欲しいと考え、その時に道しるべとなるものを作れないだろうか。それが「キャリアデザインハンドブックS2版」であり、S2世代の成長がこれからの六心会の広がりや充実に繋っていく。

 

「行動計画会議」は開催を義務付けられたものではないが、六心会にとって重要な意味を持つものであり、

誤解を覚悟で表現すると、人的にも経済的にも無駄遣いをしないため、余計なこと、ズレた視点で経営改善が進まないため、最短距離で改善を目指すためのミーティングでもある。

 

六心会 法人本部 南出浩次

 

「施設内留学」という試み

ここちの郷では「施設内留学」と銘打ち、各部門の職員の学び合いを行っている。

 

kokochi2.jpg

 

きっかけは、通所リハビリテーションの人員不足。非常勤職員が多いため、お子さんの行事や体調不良が重なると、どうしてもシフト調整が難しくなる。

そんな時、入所・通所の各部門リーダー同士、「ちょっと応援に来て!入浴介助の時間だけ!」などと気軽に頼めるのが、ここちの郷の強み。そこで、入所部門の職員が通所の入浴介助のヘルプをしたのだが、これが思わぬケミストリーを生み出した。

 入所部門では、通常、ご利用者様と職員が1:1で入浴介助を行う。尊厳を守り、ご利用者様のペースでゆったりと入浴していただくことにより体調の細かな変化に気付いたり、心の一端を聞かせていただけたりする大切な時間である。それには、専門的、総合的なケア力が必要となってくる。

ヘルプに行った職員は、通常の手順で入浴介助を行ったのだが、それに驚いたのが非常勤職員の面々。「ええ!こんなにスムーズに!」「こんな風に声掛けすればご理解いただけるのか!」などと、職員曰く「目からウロコが落ちた」らしい。

勿論、通所部門の職員も先輩職員から指導を受け、研修などにも参加していたのだが、着脱・入浴と分けて3名でケアを行っていたため、ご利用者様の細かな部分の把握がどうしたらできるのか悩んでいたとのこと。

 まさしく、その答えを目の前で示されて、大げさに言えば「雷に打たれた」ような感覚だったのだろう。今までは「非常勤だから...」と、やや消極的であった彼女たちから「私たちももっと『根拠を持ったケア』ができるようになりたい。」「もっと勉強したい。」「できれば入所の入浴介助を見学させて欲しい。」と意見が寄せられた。

 そこで、始まったのが「施設内留学」である。

通所部門の非常勤職員が1名ずつシフト調整しながら、入所部門の入浴介助見学を行っている。非常勤職員はママさん達が多いので時間のやりくりが大変であるが、その大変さより向上心が上回っているようで「すごく勉強になりました!」と充実感も大きい。この留学での学びが自信となり、日々のケアにも積極的な発言が増えてきた。

また、教える側の職員も「緊張しましたぁ!」と言いながら、事前に自分のスキルを再度振り返ったり、伝えることをまとめたりと、いい刺激になっている。

反対に、施設内ではなかなか見えてこない「在宅」生活をよく知っているのは、通所部門の職員である。「在宅復帰」が老健の最も重要な役割である以上、そのリアルな姿を知ることは何よりの学びとなる。今度は、入所部門の職員が送迎時に付き添うことを検討中である。

 

入所、通所の垣根を越えたしなやかさ、互いに学びあう面白さが、ここちの郷、そして六心会の質を高め、より飛躍できる原動力になると感じている。

 

ここちの郷 副施設長 愛須和美

 

老健ここちの郷では、去る5/28に福井県敦賀市への日帰り旅行を実施しました。

きっかけは、ご利用者様の「昔は旅行好きが好きやった。また行ってみたいな。」のひと言。老健の大きな役割は、在宅へ帰っていただくためのリハビリテーションですが、それは単なる機能訓練だけでなく、気持ちや現存の機能でのできることを増やす環境整備、つまり生活全体を整えることであると考えています。生活への前向きな気持ちをキャッチして、形にしていくことが何よりの多職種ケアチームの仕事です。

 

企画の検討は、全職種参加の実行委員会でスタート。その中でも、私達が特に大切にしたことは「自立支援」と「ご家族の参加」でした。旅行に行けばビールも飲みたい、普段なかなか食べられない生ものが食べたい、観光名所も立ち寄りたい、その思いをどう実現させるか、どう自己決定していただくかに心を砕きました。

私達がすべきなのは「選んだような」「決めたような」な自己決定モドキではない「自ら選ぶ」「自ら決める」リアルな自己決定への支援です。普段のケアの中でも、「自己決定」「自立支援」を目標としていますが、旅行などの非日常の場でこそ、そのケアの力が試されます。

DSC_4189w.jpg 

見よ、このボリューム・・・。絶対に食べたかった極上海鮮丼。

 

また、ご家族様に参加していただくことは在宅へ戻られる際の介護のヒントとなるだけでなく、お気持ちの面でも絆の再構築となると捉えています。

 

当日は、ご利用者様15名、ご家族様2名、職員10名で大型バスを借りて日本海さかな街、日本三大松原の一つ、気比の松原などを観光し、皆様、ご自分で選ばれた物を食べ、観光し、お土産を買われ大いに楽しんで帰って来られました。

 


 

CIMG1736w.jpg

 

バスを貸し切りました。

CIMG1732w.jpg

CIMG0620bw.jpg 

みなさん、どれぞれが食べたいものを注文します。

見て下さい。お箸の先を!

CIMG0619w.jpg 

CIMG0612we.jpg

お土産ももちろん自分で選びます。あげる相手を思い浮かべながら・・・。

 


 

旅行自体は大成功だったと振り返っていたのですが、そこで大きな気付きを与えて下さったのは当日参加されなかったご利用者様でした。「何で私を誘ってくれなかったんや?みんなに声をかけるべきやろ?」と。ご本人様が参加可能かどうかを機能面から判断し、職員が人選を行ったのですが、まさしくそれは「自己決定」の支援ではない。頭をガンと叩かれたような衝撃で、「リアルな自己決定」とは何かを身をもって教えていただきました。

 

その声を聞いて、反省と同時に、むしろ職員の目の色が変わりました。ではどうすればいいか?ご利用者様全員に声を掛け決めていただく、参加者様の状態に応じて柔軟にいくつかのコースを設けるなど、アイデアとそれを実現させる方法がいくつも湧き出て、この経験を次に活かしたい、次はいつ実施しようかと意欲的です。

またこの旅行の準備をする過程でフロア毎の行事の質も大きく変化して来ました。漫然と毎月の行事を繰り返すのではなく、社会参加、在宅復帰への準備としての行事へと大きくシフトチェンジしています。

自分達のケアを向上させる意味を知る、その強い前向きな気持ちが今のここちの郷には溢れています。

CIMG1762w.jpg 

気比の松原にて、記念写真

 

ここちの郷 副施設長 愛須和美

 

六心会が考え、そして取り組む「介護職員処遇改善」

六心会では、平成21年に始まった「介護職員処遇改善交付金」の時代から、介護職のみなさんへの処遇改善に取り組んできました。

平成30年4月現在、主な内容は下記となっています(特養常勤の場合)。

 

●毎月給与にて    10,000円

●3ヶ月毎年4回    45,000円

●子育て支援、お子様一人あたり月額 3,000円(扶養手当は別にあり=お子様一人あたり月額5,000円)

この他、夜勤手当の増額、毎春の定期昇給はもちろん、業績に応じた特別昇給なども実施しています。非常勤の方は、時給45円プラス加算し、土日勤務の場合は更に時給100円アップ。

 

みなさんの頑張りが反映される仕組み作りに今後も取り組んでいきます。

これまでのご自身のキャリアに応じた試算もしますので、お気軽に何なりとお問い合わせください。

その他採用情報、待遇例などはこちらから。

【総務 木村 TEL0748-48-5000】

 

somu.jpg

 

人材採用広報として、「就活をする学生と接しながら僕の昭和な感覚に愕然とした・・・」「こんな感覚で、学生たちに何か伝えられるだろうか?」

もっと、やわらかく、しなやかに、伝えていくにはどうしたら良いのだろう(南出)

DSC03599-s.gif

杉原優子(以下・杉原)  私の知るある京都の学生が社会福祉を勉強する中でしんどくなり、しばらく大学を休んだことがありました。「そろそろ学校にも行かないと・・・」と本人が感じていたころ、偶然にも私の担当する授業へ聴講に来てくれたんです。そして授業後につかつかと寄ってきて言ったんです。「杉原さんの話を聴いて救われました・・・」と。

 

南出浩次(以下・南出)  彼女心に「何か」が響いたんですね。杉原さんはどんな話をしたんですか?

 

杉原  クライアントとのエピソードを話しただけなんです。それも生っぽい話をしただけです。これからの日本は・・・とか、社会保障とか制度とか、みたいな話はしてないんですよ。

DSC03535-s.gif

 

南出  なるほど・・・。その作られていない現場のエピソードが彼女の気持ちに届いたんでしょうね。私も、最近滋賀の福祉系学部の3回生と話していたんですが、どんなところに就職したいの?と尋ねるてみると、「介護より他の福祉分野が魅力的なんです」とはっきり言うんですよ。少し、掘り下げて聞いてみると、「社会保障論」では、財源の話になり介護保険や介護職の将来はない、とても暗いように感じたり、介護の勉強イコール認知症のイメージがあり、暗くなってしまうみたいなんです。

 

杉原  確かに大学の授業には、福祉の理想を求めるあまり、現行の制度批判の部分があり、それはそれで必要なのだけど学生のモチベーションを下げているのかもしれないですね。私の授業で、介護現場でのちょっとしたエピソードやその時に感じたことなど話すことも多く、それが割とリアルな形で、先ほど言った彼女の気持ちにも少し響いたのかも知れませんね。

 

 

南出  今、実際に介護の現場で仕事している人たちの面白みや、やりがいを学生に伝えられるといいですね。本当の「介護のリアル」みたいな・・・。

今の学生は「作られたもの」「本当でないもの」には敏感に反応するような気がします。それと、私たちの仕事は営利目的ではないので、そこの「ジレンマ」や「悩み」も持っていますよね?

 

杉原  そうですね。そのリアルさ、きれいなことばかりではなくて、割とドロッとしたことも含めて、「介護のリアル」、「豊かさ」のようなものを学生の気持ちに届けられたらいいですね。

今きたおおじで新規事業、新しい施設を計画しているのですが、一つの施設ができるまでにはたくさんのことを考えて、決めていかなければなりません。そのようなプロセスをいろいろな人の意見を聞きたくて、ワークショップ形式にしようと思っています。そこには、学生さんの参加も大歓迎です。

 

南出  それは面白そうですね。学生さんには、リアルな勉強の機会になりそうですね。私ものぞきに行きたいな…。でも、そこでは住民さんからガチンコで異論を言われたり、意見がぶつかり合う、分かり合えない場面のようなシチュエーションもありますよね?どうしますか?

DSC03556-s.gif

杉原  そこも含めて地域や地域住民とどのように向き合うか、私たちは何を大切にして仕事をしているのか、これから何を基軸に仕事をしていくのかみたいなことも学生と共有できたら最高ですね。それと信じた事業の成功に向けて諦めない姿というか、そこも開示していきたいですね。

人の生活や暮らしって、いろんなことがあって、キレイもそうでない面も、清濁併せ持ってますよね。支援もその生活や暮らしに添ったものですから、その清濁両方の「豊かさ」を学生や求職者に伝えられたらいいなと思っています。

 

南出  介護の仕事は、地域に開かれていく流れです。地域の人や学生とともに、「地域の暮らし」を考えながら作り上げていく事が、福祉、そして介護の仕事の魅力を発信していくことにつながるのかもしれませんね。

 

 

リガーレ統一研修が読売新聞に紹介されました。

社会福祉法人グループリガーレで取り組んでいます統一研修が読売新聞に掲載されました。

記事はこちら