12_sugimoto.jpg

試行錯誤を繰り返しながら

地域密着型特別養護老人ホームきいと 
介護福祉士
杉本 由美

「ここちの郷」で介護スタッフを5年間経験したあと、「きいと」のユニットリーダーに。身にあまるポジションで、最初は困難の連続でした。物理的なことも 含め、個別ケアには何が必要か、試行錯誤を繰り返してきました。多くの意味で、学ぶことが多く充実した1年でした。ケアが密になるほどに、利用者様をより よく知ることが欠かせません。できるだけお話する時間を持ち、これまでどういう人生を送ってこられたのか、今お好きなもの、大切にしておられているものが 何かをつかむことで、理想のケアに近づいていければと思っています。外部の研修で、新しい情報や空気を取り入れるのもリーダーとして大切な使命。私自身、 本当によい先輩や上司に恵まれたおかげで楽しく続けてこられたので、同じようにスタッフにも接しつつ、ユニットをひっぱっていける存在にならねばと自分を 励ましています。