08_kumagai.jpg

心に寄り添いながら

地域密着型特別養護老人ホームきいと 
介護福祉士
熊谷 大輔

介護の仕事をして7年目、5年目あたりから、あるべき介護の姿というものが少しずつ見え出した気がします。さまざまな利用者様と接しているうちに、一見意 味のないような言動も、それぞれの生きてこられたご経験や背景を知るうちに理解できるようになり、コミュニケーションもスムーズになってきました。それ が、自分の壁をひとつ越えるきっかけだったのかもしれません。介護は想像力と創造力。利用者様の目線に立ち、心に寄り添いながら、本当に求められることを 見極め、ベストのタイミングと方法でさりげなく手を添えていくことがうまくできれば、理想だと思います。利用者様にとって貴重な人生の一日一日を笑顔で過 ごしていただくために、さらにその可能性を引き出すために、最大限の努力を続けたいと思っています。