地域の話題の最近の記事

「地域での見守り」ってどういうこと?

「地域での見守り」って何だろう。その答えのヒントになる集まりが地元で始まった。法人本部地域支援担当辻が、このことについてリポートします。

 

私が仕事をする東近江市五個荘川並(ごかしょうかわなみ)町自治会で、今年より「川並ささえあい会議」が始まった。

会議の目的は、集まった人々で情報交換しながら地域の困りごとや課題を「見守りマップ」という地図に落とし込んで視える化し、共有するというものだ。自治会館に集まるのは、自治会長や福祉委員、民生児童委員といった方々に加え、東近江市社会福祉協議会のコミュニティソーシャルワーカー谷さんがファシリテーション役で参加、私も地元社会福祉法人担当者としてお邪魔した。

 

DSC00375r3.jpg

 

台風が通り過ぎた9月5日夜、第5回目となる会議が開催された。先ずは、前日の台風21号被害の話から・・・ワイワイガヤガヤと始まった。今回の台風は強風による被害が甚大、でも通り過ぎた後、住民のみなさんは自らが道路の掃除をしたり、公園や神社の折れた樹木の片付けをしたりされたりしていたらしい・・・。

出来る人が出来ることを・・・すばらしい!

 

そして、見守りマップを囲んで本格的な話し合いがスタート。マップには色とりどりのシールが貼られ、80歳以上の高齢者世帯、障がい者がおられる世帯、一人親世帯、福祉サービス利用者、サロン参加者、空き家、集いの場、そして少し気になる人・・・マークがされていく。

 

DSC00377r2.jpg

 

DSC00373r32.jpg

 

前回は6月に開催されているので、その後の約3ヶ月での変化を落とし込んでマップの修正がされる。新しい課題も出ますが、亡くなられた方もおられ、マップからシールが剥がされたり、新たに貼られたり・・・。

 

見守りマップのことに限らず話題はどんどん飛ぶ。

6月から開始した子ども食堂(協働開催:六心会せいすいえん、養護老人ホームきぬがさ、地域自治会、民生委員、市社協、地区社協)のこと、子どもたちの通学見守り「スクールガード」の話題も出る。川並町では毎朝100名の児童が渡る信号があり、メンバーが毎朝夕辻立ちし、「学校に行く時はしゃべらんと整列して行くけど、帰りは大変や!ガチャガチャやし、田んぼには入るわ、しゃべってばっかりや!帰りが危ない」の話に一同爆笑。

こんな感じで、まじめな話も余談も交じり、和気藹々と進んでいく。。

DSC00374r4.jpg

 

次回の開催は12月。それまでの間、地域では「気になる人」や「気にかかる人」をさりげなく見守りしていこう、とその日の参加者で確認した。

全ての住民が均等に繋がることは不可能だけど、それぞれがそれぞれの関係でつながって、濃淡を持ちながら、孤立が生まれないよう、こぼさないようにしていく。

マップの作成が目的ではあるけれど、このマップ作りのワーク自体がひとつの「見守り活動」だと感じた。

 

社会福祉法人 六心会  地域支援担当 辻 薫

 

琵琶湖のほとりで

六心会では年間に約400袋の玄米を仕入れています。今回のブログはその供給先である「イカリファーム」さんに担当していただきました。分野は違えど、一緒になって地域や地域の在り方を考えられる貴重な仲間です。

--------

弊社は、滋賀県近江八幡市の琵琶湖のほとりにあります。目の前には琵琶湖に流れ込む日野川が流れており、すぐ側には、岡山という小山がある自然豊かな田園地帯です。そして、私たちが農業を営む水田には、琵琶湖の水が直接届けられています。

私たちは、琵琶湖の恵みをふんだんに受けながら、お米や小麦、大豆やキャベツ等の農作物を作っています。

美味しい作物を作ることは勿論のこと、琵琶湖の水質保全に力を入れて農業に取り組んでいます。

全国の基準を大きく下回る滋賀県独自の厳しい基準をクリアした減農薬農法や、近江牛の堆肥を圃場に施用し、稲わらを近江牛の餌とする循環型農法による土づくり等、工夫を凝らして人と環境に優しい農産物づくりをしています。

そして、琵琶湖を有する滋賀県の近江米を始めとする農産物の魅力を全国に伝える為、新しい取り組みにもどんどんチャレンジしております。

その一つが、近年弊社で生産・販売している『しきゆたか』(銘柄名 とうごう3号)は、コシヒカリの改良系の新品種で、甘みが強く食味値が90を超える超良食味の美味しいお米です。冷めた状態でも硬くなりにくく、『もちもち』として美味しさが持続するのが最大の特長です。

普段の食卓でお楽しみいただくだけでなく、お弁当やおにぎり等の冷めた状態で食べていただくシーンにもお薦めです。

私たちは、その他にも、国内産パン用小麦を学校給食に提供する取り組み等もしています。

今後も、若く元気のある社員で、『Exciting agriculture』をモットーに、『わくわくする農業の実現』と『よりよい農産物づくり』に邁進し続けて参ります。

http://www.ikarifarm.com/

株式会社イカリファーム

ikari2.jpgikari1.jpg

まちでみつけたみずのいろいろ、記憶の伝承

五個荘には「みず」が至る所に水路としてめぐっていて、たくさんの鯉やなにに使われているのか?不思議な発見がある。

先日も地域の大先輩(高齢者を敢えてこう呼ぶ)との会話の中で、夏休みには湧水のところでいつも泳いでいた、という話を聞いた。水量も今とは違いかなり豊富だったようで、地域の子供たちの格好の遊び場だったと思われる。五個荘の北部に愛知川(えちがわ)という川が流れており、昔はこの愛知川の伏流水が豊富でエリア内あちこち水が湧き、井戸や水路の水量も多かった。しかし、1972年に上流にダムが完成して以来、愛知川の日常的な水量、伏流水も減少し、絶えてしまった井戸もたくさんあったらしい。

六心会のある川並エリアはまだ生活に水辺が近い。この生活風景は次代まできちんと伝承したいと切に願う。

IMG_6787.jpg

 

DSC00288s.jpg

まちでみつけたお店?カフェ?

ひっそりとカフェや、雑貨のお店ができてきている。
お店を探してみよう。

IMG_6778.jpg

まちでみつけたカタチ

第一弾のまちあるきにテーマをつくってみた。難しい事ではなく歩きながらおもいついただけなのですが「カタチ」。普段は車で通り過ぎる、自転車で走り去っ てしまう。この「ご近所」を散歩してみた。見上げたり、のぞいたり、背伸びしたりすると、いろんな「カタチ」がある事に気がついた。「発見!」よい響き だ。

想像以上にすごくたくさんある事に気がついて、かなりの距離をあるいてしまった。古き良き職人さんたちの仕事が垣間見える。お寺や神 社には守り神の動物たちがたくさんいる。建物にはぐるぐるの紋様や自然の美しい紋様がデザインされている。普通の家にもこの街ならではのデザインがある。 オブジェのような植物が誇らしげにに立っていた。そして「くちびる郵便受け発見!」

私にとって、小さな冒険みたいだ。この街にはまだまだテーマに出来る「何か」がたくさんある。そのうち「まちの人」にも会いたくなりそうだ。きっと、面白 い話しがたくさん聞けるのかと思うとわくわくして、まだまだありそうな発見に心ひかれ…ゆっくり歩くもっとこの街が好きになった。

IMG_6798.jpg

レポート 2016年5月 裏具プロジェクト(京都) 佐々木まなび